2011年08月30日

『ポルトベーロの魔女』

『ポルトベーロの魔女』パウロ・コエーリョ著


『ルーマニアで生まれロンドンで育ったミステリアスな女性、アテナ。やがて“ポルトベーロの魔女”と呼ばれるようになるアテナの驚くべき半生が、彼女をよく知る人々、或いは、よく知っていると思っているだけの人々によって描かれていく。悪女なのか犠牲者なのか。詐欺師なのか伝道師なのか。実在の女性なのか架空の存在なのか。夢を追いかけて生きるアテナの日々をスピリチュアルに綴る、パウロ・コエーリョの最高傑作。』



アテナの人生に自分を重ね合わせて読まずにはいられなかった。

そして、その人生を(一般的には幸せな人生とはいえないだろうけれど)羨望の眼差しで見ている自分がいる。

あれこんな風に生きたいの?私………。


同じカテゴリー(日々なる直感。)の記事画像
本日の瞑想にて。
キュン…。
後ろ髪ひかれ隊?
「心が張り裂けそうだったから。」
“喉“にくる。
あるがまま。
同じカテゴリー(日々なる直感。)の記事
 本日の瞑想にて。 (2012-11-16 16:20)
 キュン…。 (2012-11-15 12:11)
 後ろ髪ひかれ隊? (2012-11-07 11:25)
 「心が張り裂けそうだったから。」 (2012-11-01 06:31)
 “喉“にくる。 (2012-10-24 16:27)
 あるがまま。 (2012-09-18 13:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。