2011年08月21日

ザーヒル

一度ハマると、その作者の本を読み漁る習性の私

パウロ・コエーリョ著作、私が読んだ二冊目は『ザーヒル』(^-^ゞ


アラビア語で『ザーヒル』とは、“目に見える、そこにある、気づかずにすますことができない”という意味。

“何か”あるいは“誰か”ひとたび接触をもってしまうと、徐々に私たちの思考を支配していくことになって、ついには他の何にも意識を集中できなくさせてしまうもののこと。


仏教チックにいうと“執着”にあたるのかな?

ザーヒルから解放されて“自由の身”になるために行動を起こした主人公は、どんどんザーヒルに取り憑かれていく…

それは聖なる状態とも狂気ともいえる…



『ある日、著名な作家のもとを妻が去った。作家はその後も成功を重ね、新しい恋愛も始めたが、当惑は止まない。彼女は誘拐されたのか、それとも単に結婚生活に飽きたのか。答えを求め、作家は旅に出る。フランスからスペイン、クロアチア。数々の不思議な出会いに導かれ、ついには中央アジアの平原へ。風吹きすさぶその地で、作家が触れる愛の真実と運命の力とはーー。コエーリョの半自伝的小説。』



私の夢ってなんだろうと自問すると“自由の身”なのかな〜とうっすら浮かぶ。

やっぱり、旅に出たいのだ(o^−^o)


同じカテゴリー(日々なる直感。)の記事画像
本日の瞑想にて。
キュン…。
後ろ髪ひかれ隊?
「心が張り裂けそうだったから。」
“喉“にくる。
あるがまま。
同じカテゴリー(日々なる直感。)の記事
 本日の瞑想にて。 (2012-11-16 16:20)
 キュン…。 (2012-11-15 12:11)
 後ろ髪ひかれ隊? (2012-11-07 11:25)
 「心が張り裂けそうだったから。」 (2012-11-01 06:31)
 “喉“にくる。 (2012-10-24 16:27)
 あるがまま。 (2012-09-18 13:12)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。