2012年10月22日

「自分を知れば、すべてを知ったことになる」vol.1

阿部敏郎さんの著書『いまここ』からの抜粋です



悟った人と悟っていない人。

違いがあるとしたら、

悟った人は「自分が人と何も変わらないこと」を知っている、

悟っていない人は「悟った人が自分とは違う」と思っている、

くらいじゃないかな。

だって悟っていようと、悟っていまいと、もともと悟っていることに違いはないんだから。


【なんのこっちゃ?】


悟りとは、誰もが心の底の底で知っていることを、

「自分は知っていた」と思い出すこと。

だから思い出そうが、忘れたままだろうが、質的な違いはない。

でも思い出したら、とても気が楽になるよ。



私は、がっつり思い出した感覚はないものの…

ん〜、なんとなく、その感覚の尻尾を見つけて、掴みかけている…といった感じ


同じカテゴリー(『いまここ』からの手紙)の記事画像
命の根っこ
僕はただ僕をやっていく
元気がわき上がる究極の方法
悩みが消える究極の方法
僕らはいま、生まれたvol.2
僕らはいま、生まれたvol.1
同じカテゴリー(『いまここ』からの手紙)の記事
 命の根っこ (2012-12-03 09:45)
 僕はただ僕をやっていく (2012-12-01 09:50)
 元気がわき上がる究極の方法 (2012-11-30 06:30)
 悩みが消える究極の方法 (2012-11-29 06:27)
 僕らはいま、生まれたvol.2 (2012-11-28 05:14)
 僕らはいま、生まれたvol.1 (2012-11-27 06:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。