2012年11月22日

雨降らば降れ、風吹かば吹け

阿部敏郎さんの著書「いまここ」からの抜粋です


昨日、サウナに行ったときの話。

熱いサウナに入った後、必ず水風呂に入るのね。

いったん入ってしまえばOKなんだけど、動いたり人が入ってきたりしたら、また冷たさがしみるわけ。

そしたら突然、大柄のオヤジがザブーン!!って入ってきて、そのまま潜水してバタバタやってるんだ。

普通ならカッとするし、その正当な理由も瞬時に見つかる。


その1…狭いんだから、人の迷惑も考えろよ

その2…髪の毛まで水につけたら汚いだろ

その3…オヤジ、体うねらせて気持ち悪いんだよ

その4…冷てー

その5…俺に挑戦してきてんのか


そんな、いつもの狭量心の“自我大王”の僕が、このときばかりは瞑想中でちょっと高い意識でいられたのか、まったく動揺しない。

おじさんが大きな魚かジュゴンに見えてきて、相手が魚だったら怒らない自分を発見。水がちゃぷちゃぷして面白い。

水風呂が同じように荒れても、考え方ひとつで何でもないことにもなる。

そうだ!いい悪いを判断せずに、ただ単に“起きている現象”としてとらえれば、被害者にならないし、感情がフックされない。

『起きることは起きる。「そのことをどう考えるのか」は自分の自由だ。』

こんな経験もまたよし、だ。

何がきても何が起きてもWelcome!だ。

雨降らば降れ、風吹かば吹け(おお、カッコいい!!)。


そんなわけで、今日1日、このことに留意して生きてみよう。


『今日1日は何事も、いい悪いを判断したり、決め付けたりしない』


それじゃ、みなさん、今日もハッピーライフをね!




……………これこれサウナに限らず、こういうこと、よくあるっ(笑)

で、こういう風にできるときとできないときがあったりして。

できない自分を責めたりして。

あ、でも今は少なくとも自分を責めることはなくなったなぁ

だって、何をしようが何を考えようが、私には自分専門の応援団長がついてますからっ(笑)


それにしても、阿部敏郎さんのこういうこと書いてくれるところが大好き

で、すごく納得できるんだよなぁ


同じカテゴリー(『いまここ』からの手紙)の記事画像
命の根っこ
僕はただ僕をやっていく
元気がわき上がる究極の方法
悩みが消える究極の方法
僕らはいま、生まれたvol.2
僕らはいま、生まれたvol.1
同じカテゴリー(『いまここ』からの手紙)の記事
 命の根っこ (2012-12-03 09:45)
 僕はただ僕をやっていく (2012-12-01 09:50)
 元気がわき上がる究極の方法 (2012-11-30 06:30)
 悩みが消える究極の方法 (2012-11-29 06:27)
 僕らはいま、生まれたvol.2 (2012-11-28 05:14)
 僕らはいま、生まれたvol.1 (2012-11-27 06:11)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。