2011年04月25日

YELL

ナマステ(^.^)


ドクターS、こんなこと教えてくれました。


終末医療では、“死”は実に穏やかに、時間をかけてやってくる。

テレビで見るような呼吸困難、痛みに苦しみ悶えながら逝く…そんなことはない。

死の兆候がみられたら(意識が遠のくなど)、往診のドクター、訪問看護ステーションに連絡を入れておき待機してもらう。

家族が望めば、ドクターに別室で待機してもらい、十分な時間をかけてお別れすることも可能。

ドクターは、死亡診断書を書くために来てもらうのだけれど、死亡した時刻というのはドクターが確認した時刻になる。

多くの場合、そうして家族も落ち着いた状態で“死”を受け入れているんだそうです。

実際、呼吸が止まったと思っても暫くしたら呼吸しはじめたり、ということもあるみたい。

本当に本当にゆっくりと眠りにおちてゆくように逝く…。

もし、慌てて救急車を呼んでしまうと、蘇生、延命処置がとられてしまうので望まない結果になることも。

だから、自宅で看取りたいと思うなら家族がきちんと覚悟しておかないと。

最期のイメージをしておかないと。


ドクターSは、やさしく、だけどキッパリと話してくれました。

これは、私だから言ってくれたのかも。“長男の嫁”という立場をわかってくれているから言ってくれたのかな。

たまたま今日、おとうさんもおかあさんもドクターSとは会わずに呼吸器科の方に行ったからね。


ドクターS!
私への“エール”を感謝しますm(__)m



だけど、帰ってきて一人になってから急に…泣けて泣けて仕方ない。

本当に、“その時”が来るんだ、と改めて認識させられて…



“OM MANI PADME HUM”☆なお☆


同じカテゴリー(我が家流緩和ケア)の記事画像
まだまだ…
父の愛。
いいお葬式。
おとうさん、カッコイイ!
父に贈るもの。
父、永眠。(続き)
同じカテゴリー(我が家流緩和ケア)の記事
 まだまだ… (2011-07-21 09:35)
 父の愛。 (2011-07-19 08:28)
 いいお葬式。 (2011-07-18 09:27)
 おとうさん、カッコイイ! (2011-07-18 08:52)
 父に贈るもの。 (2011-07-17 19:10)
 父、永眠。(続き) (2011-07-17 18:52)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。